武者小路実篤 友情

yuujou1

スポンサーリンク







ゲーテの「若きウェルテルの悩み」とか、夏目漱石の「こころ」とか、叶わぬ恋の物語は面白いですね。

それ系の小説、大好きです。

 

今回、これを久々に読みました。

ページ数が少ないから、一気読み。

yuujou1

武者小路実篤の「友情」。

この小説もまた、叶わぬ恋の物語です。

ずーっと狙ってた子(杉子)を、恋の相談相手だった、親友(大宮)に持って行かれちゃうというオチ。

主人公(野島)、ほんと気の毒です。

 

現実世界でも、そういう話、ちらほら聞きますね。

その先駆けでしょう、この小説は。

 

ご存知かも知れませんが、最後のページの、野島の鬼気迫る宣言。

すごいですよね。

yuujou2

決意というか。

復讐心というか。

見てろ、仕事で勝ってやる!って。

カッコいいわ。

惚れます。

悲劇の主人公は、やっぱりこうでないと。

 

余談ですが、埼玉県に「新しきむら」っていう、武者小路実篤の精神・思想を反映させたような地域?があります。

行ったことありますが、小説の内容とか、舞台とかにはあんまり関係ないものでした。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です