井筒俊彦 意識と本質

ishiki

スポンサーリンク







その昔、教授から「学生のうちに読んでおいたほうがいい」と言われて読んでみました。

しかし、内容のほう、全く意味不明。

 

ishiki

井筒俊彦著「意識と本質」です。

 

あれから随分と月日が経ちましたが、久々に読んでみたところ、やっぱり意味不明。

こりゃ難し過ぎます。

 

哲学が生まれる過程、その流れみたいなものが延々と書き綴られています。

 

ただやっぱり名著には違いなく、ネット上のレビューを読んでみても、大体みんな高評価を付けてます。

 

こういう内容の本も、分かるようになれたらいいですねぇ。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です