Soilwork セカンドアルバム Chainheart Machine

chainheartmachine

スポンサーリンク







Soilworkの登場は、その後のメロデス界の構図を大きく変えたと言われます。

いわば、モダンメロデス勢の台頭に影響を与えました。

 

説明しようとすると難しいカテゴリーでもあるのですが、取りあえずクリーンとデスの混声だったり、軽快なブラストビートもあまりお目に掛からずといったところでしょうか。

クリーンとデスの混声はカッコイイと思うのですが、個人的には、ブラストビート無しでデスメタルの一派を名乗るのはどうなのかなと。

メタルコアとの違いも良く分からないし。

やっぱり旧来型のほうが好きかも知れません。

 

そのSoilworkですが、初期の頃はまだArch Enemyの影響下にありました。

chainheartmachine

2000年に出たセカンドアルバム(Chainheart Machine)なんて、むしろArch Enemyを昇華させたようなカッコよさ。

これ、ものすごく大好きなアルバムです。

 

帯びタタキにも、「真のメロディック・デスラッシュ」なんて書かれてます。

At the Gatesの「Blinded By Fear」(アルバム「Slaughter of the soul」に収録)を初めて聞いた時のような、かなりの衝撃がありました。

まぁ、多分、At the Gatesの影響も受けてるんだと思いますが。

 

こういう作品を出すような大物バンドが、最近ちょっと減った気がしますね。

 

懐古的でダサいでしょうか。

 

すごくカッコいいことだと思うのですが。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です